So-net無料ブログ作成

有馬記念2016 サトノダイヤモンドが優勝!キタサンは2着 [有馬記念]

12月25日の中山10Rで行われた

第61回有馬記念
(3歳以上オープン、GI、
芝・内2500メートル、定量、
16頭立て、1着賞金=3億円)は、

クリストフ・ルメール騎手騎乗の

1番人気サトノダイヤモンド
(牡3歳、栗東・池江泰寿厩舎)が制し、
菊花賞に次ぐGI・2勝目を挙げた。
タイムは2分32秒6(良)。


rapture_20161225204204.jpg

レースはマルターズアポジーが逃げ、
2番人気のキタサンブラックは2番手。

さらに昨年の覇者で3番人気のゴールドアクターが続いた。

サトノダイヤモンドは中団から
徐々にポジションをあげて
向こう正面では3、4番手へ。

最後の直線入り口で最内から
キタサンブラックが先頭に立ち、
その外をゴールドアクターが追走したが、

サトノダイヤモンドがグイグイと脚を伸ばして
ゴールドアクターをかわすと、
ゴール前でクビ差でキタサンブラックを差した。

ゴールドアクターはさらに1/2馬身差の3着。

 
◆クリストフ・ルメール騎手
「(感動で涙を浮かべながら)あまりしゃべれません…。

サトノダイヤモンドは
新馬のときから(すべて)乗っていたので、
有馬記念を勝ててすごくうれしいです。

3歳で勝つのは難しいですけど、
ポテンシャルが高くて、スーパーホースになりました」

サトノダイヤモンドは、
父ディープインパクト、母マルペンサ、
母の父オーペンという血統。

北海道安平町・
ノーザンファームの生産馬で、
里見治氏の所有馬。

通算成績は8戦6勝。

重賞は2016年きさらぎ賞・GIII、
神戸新聞杯・GII、
菊花賞・GIに次いで4勝目。

有馬記念は、
池江泰寿調教師が
09年ドリームジャーニー、
11、13年オルフェーヴルに次いで4勝目。

クリストフ・ルメール騎手は
05年ハーツクライに次いで2勝目。


虹中トムさんのレインボー・ストライクです。

rapture_20160904105347.jpg

レインボー・ストライクでは、
心を虹色に染めるような激熱予想が見られます。

2013年から年間回収率も130%前後をキープしています。

もちろん、2016年も好調で
月間最高回収率は246%と言う好調ぶりです。

9月はバッチリ、
レインボーストライクを決めて4週中3週的中しています。








引用元記事:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161225-00000529-sanspo-horse


競馬ブログ もチェック→ 競馬人気ブログへ


競馬予想のレジまぐ

rapture_20161224223011.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0